むちうち(頚椎捻挫)を負った。治療や賠償金はどうなる?

交通事故の人身事故によって、いわゆる「むちうち」の状態になる被害者の方は多く、当事務所でも、今まで「むちうち」の方の事例は、数えきれないほどの件数の相談を受け、受任してきました。

 

むちうちは、診断書では「頸椎捻挫」「外傷性頚部症候群」などと記載され、症状が回復しない場合、自賠責保険における後遺障害等級認定においては、「非該当」または「別表第二14級9号」「別表第二12級13号」という認定となる可能性が高い症状です。

 

事故後、むちうちと診断され、整形外科において、多くの方は3カ月から6か月程度の通院加療を行うことになりますが、症状が消失し、治癒すれば何の問題もないですが、治癒しない場合、自賠責保険における後遺障害等級認定に進むことになります。

 

 

 

むちうちの事例の件数のご相談や受任が多い理由は、むちうち症状になる方が多い、つまり人身事故の中でも件数が多いと思われることが一つの要因ですが、それ以外にも

①事故後3カ月程度治療をした段階で、まだ症状が残っているにもかかわらず、保険会社から治療の打ち切りの連絡が来たという事例

②後遺障害等級認定の結果、「非該当」となったが、強い症状が残っている事例など、むちうち特有の実務上の問題が存在します。

 

治療打ち切りが早期に行われてしまったケース

そもそも治療の必要性があるのか否かに関する主治医の見解や、事故態様(極めて軽微な追突事故などでは、早期の治療打ち切りを保険会社が主張することが多い)、被害者の年齢職業などの属性などをベースに、治療の必要性を検討することによって、場合によっては治療の延長も可能であり、当事務所でも治療延長してもらったケースは多くあります

 

ただ、注意すべき点は、保険会社に治療費の立替払いを継続すること自体、被害者にも一定の落ち度があり、過失相殺がなされる可能性の高い事案では、必ずしも得策でないこともあり、場合によっては、早期に健康保険を利用した治療に切り替えるという選択を行うことにメリットがあるケースもあります。

 

いずれにせよ、治療をしたいのに、保険会社から治療の打ち切りを宣告されれば、被害者の方としては、様々な不安に駆られることになると思います、どのような対応を取ることがベストであるかは、一概には言えない部分も存在するところで、個別の事情に応じて、弁護士と相談して、対応を決めるべき問題と当事務所では考えています。

 

後遺障害の等級認定をあらそうケース

専門性の高い事例であり、診断書や後遺障害診断書、X線、CT、MRIの画像所見、神経学的検査と言われる各種検査所見などを元に、「非該当」との判断が覆るか否かを検討した上で、後遺障害の認定判断に異議申し立てを行うなどの手続きを取ることになります。

 

むちうちに限らず、異議申し立て手続きは、一定の医学的知識も基づいて資料収集、異議申立書の作成などが必要とされる専門性の高い作業と言えます。

当事務所では、むちうちの事例において、「非該当」から「14級9号」に異議申し立ての結果、変更になった事例も多数経験しており、むちうち以外の症状でも、異議申し立てによって、より高次の等級認定を獲得した事例もあります。

 

しかしながら、一方で異議申し立てをしても、認定が覆らなかった事例もあり、一般的には、交通事故に注力している弁護士でも、必ず異議申し立てをすれば、高次の後遺障害等級が認定されるというような類の話ではなく、ご期待に沿えない可能性があることも予めアナウンスさせて頂く必要があると考えております。

 

被害者の方にとって、後遺障害等級の何級が認定されるかは、損害賠償金額に大きな影響を及ぼす極めて重要な要素ですが、法律と医学が錯綜する分野で、弁護士の頭を悩ませる問題なのです。

 

当事務所では、被害者救済の実現のため、微力ながらも、じっくりと医学的資料を検討し、場合によっては外部の整形外科医の意見なども聞くなどして、後遺障害の異議申し立て手続きに積極的に取り組んでおりますので、ご質問などがあれば、一度、当事務所までご相談ください。

 

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)