保険会社の対応に不信感がある

交通事故の被害者となると、事故後、数日以内に、加害者側の保険会社の担当者から、連絡が来ることが通常です。

 

治療費の支払い、病院への交通費をどうするか、お仕事をしている方が被害者となった場合には、休業損害の支払いなど、被害者の方に対する補償について、説明がなされることが一般的です。

現在は、対人無制限という補償内容の自動車保険が広く普及しておりますので、被害者の方に対して、保険会社の担当者が適切な説明をすれば、保険会社の対応に不満や不信感などは生まれないはずです。

 

しかし、現実には、多くの相談者・依頼者の方から、

「保険会社の担当者の方の対応に不満がある」とか「納得できる説明をしてもらっていない」

など、被害者の方が多くの不信感、ご不満を抱くケースが後を絶ちません。

保険会社の担当者の方に対する不信感、不満として多い事例としては、次のようなケースが多くあります。

 

保険会社に関する不信感・不満の声

①治療の打ち切りを突然通知され、詳しい事情を尋ねても納得できる説明がない

②タクシー代の支払いを突然、止められた

③被害者にも過失があると言われるが、それについて説明がなく、過失がある一方的に言われ、納得できる説明がない

④(会社役員の方が被害者のケース)経営者に休業損害は出せないと一方的に言われたが、納得できる説明がない

⑤保険会社は、すべて電話で済ませようとして、直接面会して説明をしてほしいと言っても応じてくれない

 

当事務所にお越しいただいた相談者・依頼者の方々からお寄せいただいた保険会社の対応に対する不信感・不満の具体例は言い出せばきりがないです。

 

なぜ、保険会社の対応に不満がでるのか、さまざまな要因が考えられますが、共通の原因となっていることは、そもそも交通事故の賠償問題というのは、すべて法律問題であり、正確かつ理解しやすい説明をするためには、交通事故に関連する法律の専門知識・経験が必要となってくるということです。

 

当事務所は、交通事故に注力しており、相談者・依頼者の方の疑問、保険会社の対応に対する不信感、その原因は何かについて、丁寧に説明をしておりますので、保険会社の対応に不信感のある方は、一度、当事務所にご相談にお越しください。

 

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)