弁護士選びのポイント-誰に依頼しても同じ?-

1 専門性

誰もが「専門性」のある弁護士に依頼したいと考えるはずです。

交通事故事案の専門性を有した弁護士を探すポイントは様々ですが、重要なポイントは次の①②の2つです

 

①後遺障害の等級認定を争う異議申立事案を扱えるか

人身事故で不幸にも後遺症(後遺障害)が残ってした場合、損害保険料率算出機構において後遺障害の認定を行うことになります。

 

しかし、この後遺障害の認定は、

「主治医が後遺障害診断書を書けば、自動的に後遺障害が認定される」という単純なものではありません。

 

とりわけ、一度後遺障害の認定が「非該当」と言って後遺障害なしとなった事例や、予想よりも低い等級しか認定されなかった事案に対する異議申し立て事案を取り扱えるかどうかが、交通事故の専門性の有無を選別する重要な基準です。

 

②事故直後からの相談対応が可能か

交通事故は、事故直後の警察対応はもとより、治療費の支払いを任意保険会社にお願いするのか、労災保険を利用するのかなど、事故が発生した瞬間から様々な選択・決断を迫られます。

その際、誰に相談すれば法律的にベストは選択を行えるかと言えば、弁護士に相談をすることが、現時点で最適な方法と言えます。

 

しかしながら、中には、後遺障害の等級の認定結果が出てからでないと相談に応じないという法律事務所も少なくなりません。
プロセスを見ずして、納得いくゴールに到達できることはまずないと当事務所では考えています。
事故直後からの対応をすることによって、迅速かつ適正な交通事故問題の解決が初めて実現すると考えています。

 

 

2 弁護士との相性

次に、①弁護士の仕事のスタイルを確認すること②弁護士との相性が合うかが大切です。

 

① 弁護士の仕事のスタイルの確認

仕事のスタイルと言っても、実際には依頼しないとわからないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、これは弁護士に直接会って、どうやって事件処理を進めるのかストレートに聞いてみてください。

見通しはどうか、どれくらいの時間はかかるか、こういったことを、どのように説明するかは、実は弁護士によって異なります。

事件処理の方針を確認して、納得できるかどうかは、大切です。

 

② 相談対応した弁護士との相性は合うか

最後に、交通事故に限ったことではありませんが、弁護士を信用できるか、相性は合いそうかという点も、重要です。

交通事故の被害者の方は、ご自身の怪我のこと、職場を休み休業損害を請求するなど、勤務先と接点が発生する仕事を弁護士に依頼することになります。

 

まずは、弁護士と話をすると、雰囲気、口調、法律問題の説明方法など様々な情報を取得できます。

弁護士の仕事は、法律問題を解決することですが、実は、相談者の方の抱える人生の問題解決のお手伝いという側面があります。

自分の目で見て、信用できる弁護士かどうか、相性があいそうかどうか、こういったところでミスマッチが起こると、相談者の方にとっても、弁護士にとっても、良い結果を期待することは難しくなってしまいます。

 

法律事務所によっては、電話面談だけで、委任状を郵送して、依頼を受ける事務所もありますが、これでは、依頼者の方の重要な人生問題を、顔も知らない弁護士に依頼することになってしまい、当事務所では適切でないと考えています。

 

いずれにせよ、弁護士は大切です。

当事務所の交通事故相談は、初回30分は無料ですので、一度、弁護士との相性を確認するためにも、ご相談にお越しください。

 

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)