後遺障害の基礎知識

後遺障害とは

 後遺障害で「損」をする??

当事務所には、保険会社との示談後に、「本当にこの金額でよかったのか?」と尋ねてこられる方が、毎年一定の数います。

 

最も多いのが、14級という後遺障害の認定をもらって、75万円程度の上乗せの賠償金をもらった方が、示談後に、不安になって相談に来られます。

 

保険会社からは「これで精いっぱいです。これ以上は、出せない制度なんです」という趣旨の説明があったそうです。

 

では、75万円が本当に上限なのか、これ以上の補償は見込めない金額なのか?

 

答えは、NOです。

被害者の方は、後遺障害が残って苦しんでいるにも関わらず、少ない保険金しかもらわないまま、示談をし、結局「損」をしていると言わざるを得ません。

 

後遺障害の等級が高ければ高いほど、被害者の方が「損」をしている可能性は高くなり、「損」をした金額も大きくなるでしょう。

 

そもそも、後遺障害として認定された等級自体、適正かどうか疑わしい事例も相当数あります。

主治医が後遺障害診断書を記載し、それに基づいて後遺障害が認定されるのであれば、そこには間違いはないと考えられる方がいます。

 

しかし、後遺障害の認定も、人の所業であり、弁護士が介入し、異議申立てという手続を行った結果、大きく変更されるケースもあります。

最近の例だと、後遺障害非該当とされた方が、9級までアップした事例もあります。

 

後遺症(後遺障害)の問題は、①そもそも後遺障害の認定が正しいのかというレベルの問題と、②後遺障害の等級は正しいとしても、補償される金額は適正かというレベルの問題の2つがあり、この2つの問題に関連して、賠償額も大きく揺れ動きます。

場合によっては、数百万円以上の賠償額がアップした事例もあります。逆に言えば、弁護士を付けなければ、数百万円の「損」をしていた可能性があるということです。

 

どうしてこんな理不尽なことが起きるのか、ここでは分量の関係で書ききれませんので、疑問に思う方は是非、当事務所に相談に来てください。

 

当事務所に相談・依頼をした方々は、「相談してよかった」「もっと早く相談に行けばよかった」と言ってもらえることが当事務所の密かな誇りであり、私たちの原動力となっています。

 

以上

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)