後遺障害認定の流れ

交通事故に被害に遭ったら、事故当日は、警察を呼び、加害者・被害者の身元確認をして、ケガをしている場合は、救急車を呼ぶ、そして保険会社にも、事故が発生したことの連絡を入れる、ここまでのことは、誰でも知っていることだと思います。

 

人身事故の場合、一定期間の治療期間の後に、「後遺障害の認定」というステップを経ることが多く、このあたりから、ほとんどの被害者の方は、経験がなく、保険会社からの説明を受けても、判然としない、クリアに理解できないという状況になられることが多いようです。

 

実際、当事務所でも、治療が打ち切りになり、「後遺障害」の話になった途端、保険会社の説明があまりよく理解できなくなったという理由で、相談に来られる方も多数いらっしゃいます。

 

以下に、簡単に、下図のフローチャートに則って、後遺障害の認定の手続きについてご説明します。

まず、被害者の方のお怪我が、治療の結果、「治癒」すれば、治療が終了し、当然、後遺障害もないということで終了になります。

しかしながら、実際には、不幸にも「治癒」されない方も多く、その場合、主治医の方に「後遺障害診断書」を作成してもらうことになります。

 

後遺障害の認定手続き

事故後、後遺障害診断書が作成されるまでの全ての治療記録を取り寄せて、事故状況などを勘案して、「後遺障害」と言えるか否か、後遺障害の有無に関する審査を経ることになります。

後遺障害の有無に関する審査は、加害者側の任意保険会社が行う、事前認定と呼ばれる手続と、被害者側が行う被害者請求と呼ばれる手続の2つの方法があります。

 

当事務所では、後遺障害の有無については、事故直後からご依頼頂いている方の場合には、被害者請求を行うことが多いです。

その後、後遺障害の認定結果が来ることになりますが、不服があれば、「異議申立て」という手続を採る場合もあり、当事務所でも、異議申立てにより、高次の後遺障害等級を獲得した事例が複数あります。

 

 

適正な等級の認定、そして賠償金獲得のために

後遺障害について、適正な等級認定を獲得できれば、人身事故の解決の大きな山を一つ越えたことになり、解決に大きく前進することになります。

その後は、適正な補償を求めて、示談交渉・訴訟など、法的手続へと段階が進むことになります。

 

後遺障害の等級認定は、本来はあってはならないことですが、明らかに後遺障害として等級認定されるべき被害者の方に対して、「非該当」として後遺障害なしという結果になったり、低すぎる後遺障害等級が認定される場合もあり、その場合は、後遺障害の異議申立てに多くの時間がかかることになります。

 

このような事態を避けるためにも、当事務所では、人身事故の場合には、事故直後からの相談をお勧めしています。

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)