本当に怖い賠償金の決定基準

 

恐ろしいほど低い賠償金

弁護士として仕事をしていると、保険会社の提示する損害賠償金は、

「本当に恐ろしいほど低額である」と感じることがあります。

 

『弁護士に依頼すると、もらえる損害賠償金が増える。』

との話は、今や何の疑問もなく、様々な媒体(書籍、ホームページなど)で説明されています。

 

しかし、よく考えてみると、弁護士に依頼すると損害賠償金が増えるという現象は、裏を返せば、

「弁護士に依頼する」または「裁判を起こす」ことをしない限り、保険会社は適正な賠償額の支払いをしようとしないということです。

 

なぜ弁護士に依頼する又は裁判を起こすと、保険会社は適正な賠償額を支払うのでしょうか。

逆に、なぜ、被害者本人に対しては、適正金額より低額な提案しかしないのでしょうか。

 

この点に関する私見を述べます。

 

まず第一に、被害者の方が、賠償金の適正額を知らないからです。

交通事故の知識、経験、保険の仕組みなど、賠償金の計算システムを知らないからです。

 

第二に、仮にインターネットや専門書を手掛かりに、賠償額の適正額を知った被害者の方がいたとしても、被害者の方がご本人で交渉している以上、適正な賠償金の支払いをしてくれることはまず見込めません。

被害者の方には、保険会社に適正な賠償金の支払いをさせるための交渉力がないからです。

 

要するに、保険会社が被害者の方に最初から適正な賠償額を提示せず、低い賠償額を提示するのは、被害者の方は、賠償金の適正額を知らない、知識も経験もない、交渉力がない、からです。

言い換えれば、保険会社から見ると、低い賠償額の提示をしたところで、一般の被害者の方は、適正金額か、それよりも低い金額なのかさえ、わからないから、低い金額を提示しているだけなのです。

 

 

保険会社は被害者の味方なのか?

そして、保険会社が低い提案をすることを可能にさせるのが、「示談交渉」という土俵です。

 

交通事故に遭うと、被害者の方は、加害者の加入していた保険会社の担当者と損害賠償金額について「示談交渉」をすることになります。

「示談交渉」とは、文字通り「交渉事」であり、対等に交渉を進めるためには、保険会社に対抗できる交通事故に関する知識と経験が必要です。

 

例えば、弁護士が付いたり、裁判になれば、500万円前後の損害賠償金の支払いが必要になる事故があったとします。

被害者の方が弁護士を付けていないと、保険会社は、300万円とか、250万円とか、場合によっては、200万円以下の提示をすることも、珍しくありません。

 

こんなの詐欺じゃないかと思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかしながら、繰り返しになりますが、損害賠償額をいくらにするかは、結局「交渉事」なのです。

「弁護士をつけたり、裁判を起こせば、500万円前後の賠償額になりますが、ここは250万円で示談してくれませんか?」と保険会社からの説明があることは、まずありません。

こんな話を、正直に保険会社が被害者の方にすれば、誰だって「500万円ください」と言うに決まっているわけで、保険会社が、交渉を進める上で、自分たちにとって不利になる話をしてくれることを期待すること自体、少し乱暴な言葉使いにはなりますが、浮世離れしていると言うべきです。

 

保険会社は、自分たちに不利になる話は一切しません。

場合によっては、低額な賠償金の提案をした上で、「弊社ではこれが精いっぱいです。」「みなさんこの金額で示談してもらっています」などという話もしてくるほどです。

 

しかしながら、自分たちに不利な話を一切しない保険会社の対応は、「交渉事」である以上、当然のことです。

繰り返しますが、保険会社の対応を責めることは、筋違いです。

 

では、どうすればよいのか

 

簡単です。交通事故に精通した弁護士に依頼するだけです。

交渉事をする上で、保険会社と対等な又はそれ以上の知識・経験を有し、かつ法的に何の制限なく代理人として交渉ができるのは、弁護士のみです。

 

一つだけ注意点があるとすれば、交通事故に精通した弁護士を選ぶことだけです。

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)