★死亡事故について -ご家族を亡くされた方へ-

弁護士として仕事をしていて、死亡事故の被害者の遺族の方の弁護ほど、弁護士として、心が痛む事案はありません。

遺族の方々は、家族を失った悲しみ、苦痛を被りながら、警察対応、加害者の刑事裁判、損害賠償額に関する保険会社との折衝などをすることになります。

他の交通事故との違いは、何も遺族の方の苦痛が大きいだけではありません。
私の経験上、遺族の方は次の2点で、大きな苦痛をお感じになれられることがあります。

①事故の真相究明は適正になされるか

ドライブレコーダー防犯カメラなどが、事故の瞬間を捉えていれば、真相究明は比較的容易です。

しかしながら、全ての死亡事故において、ドライブレコーダーや防犯カメラなどの客観的証拠が存在するとは限りません。

目撃者がいる事故もありますが、目撃者もいなければ、事故の真相究明はどのようになされるのか。
交通事故の発生状況を明らかにする客観的証拠がない場合、真相解明の中心となるものは、事故の当事者の話にならざるを得ません。

事故の当事者のうち、被害者の方は、事故によりお亡くなりになられていることから、実際には、加害者の話をベースに事故処理が進んでいくというケースも珍しくありません。その場合、加害者の話が、被害者にとって非常に不利な内容(過失割合)となっている場合があります。

例えば、加害者は「被害者が飛び出した」「被害者にも大きな落ち度がある」との話をすることも珍しくありません。

加害者の話に基づいた、被害者に大きな落ち度があるという内容では、真実であれば仕方ありません。

事案にもよりますが、遺族の方の納得感が得られないケースも多いのが現実です。

この点は、一度弁護士により、過失割合や事故態様として、証拠上、どのように判断されるのか、確認をされた方がいい案件もあります。

なお、どこまで調べても、グレーゾーンと言いましょうか、客観的に事故態様を明らかにしにくいケースもあることには留意が必要です
また、細かく調べていくと、逆に被害者の方には相応の落ち度、過失があることが一層明らかとなるというケースも、現実にはあります。

いずれにしても、死亡事故の遺族の方に必要なのは、一体、なぜ家族が悲惨な事故で命を奪われたのかという事実関係を明らかにすることだと思っています。

当事務所は、できる限り、遺族の方の納得感が得られるように、事故の真相究明にも尽力します。

②死亡事故の損害賠償問題の難しさ

加害者側の保険会社から、事故からある程度時間が経過すると、遺族の方に対して、示談の提案が行われます。
死亡事故における示談とは、端的に言えば、被害者となった方の命の値段を決める作業に他なりません。

果たして、一体いくらの補償金・賠償金が適切なのか、大切な家族の命が、突然奪われ、その後の人生が一切閉ざされてしまった被害者の補償金・賠償金は、どのように算定されるのか。
この作業は、そもそも法律問題であり、複雑であることに加え、示談書に遺族として、サインとハンコを押すことは、遺族にとって、やはり苦痛でしかありません。

特に、小学生、中学生、高校生といった、未成年者の場合、賠償問題で保険会社と対立が大きくなる傾向があります。

理由は簡単で、死亡逸失利益という、将来の収入分の保障をどうするのか、といった点に関する見解の相違です。また慰謝料額での大きな差が出ます。

弁護士として、法律的な側面の説明をしつつ、適正な補償金・賠償金の支払いを保険会社にしてもらうことによって、少しでも遺族の方の悲しみ、苦痛を緩和できればと思っています。

以上の2点だけにとどまらず、遺族の方も、警察から事情を聴かれることもあり、様々な対応を余儀なくされます。

当事務所では、遺族の方の法律的な問題の解決のサポートだけでなく、さまざまな疑問、不安などについても、できる限りのサポートをしたいと考えております。

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)