遷延性意識障害について

通称「植物状態」とも言われる症状が残ってしまった状態を指し、後遺障害の中で最も重いものとされます。

もちろん、身体は麻痺状態、「寝たきり」となります。

寝たきりの方との意思疎通は非常に難しい又は不可能となり、ご家族の方の介護も必須となります。

 

敢えてはっきり言うべきことではないかもしれませんが、植物状態となった被害者の方のご家族の人生も、一変してしまいます。

気持ちが追い付かない状態で、突然やってくる介護、今後の人生設計を踏まえた、中長期的な視点を持って、事故後の対応に取り組んで頂きたいと思っております。

 

当事務所も、微力ながら法律面に限らず、数は決して多くはないものの、今まで経験を踏まえて、被害者の方及びご家族の方の事故後の生活に少しでもプラスになるような弁護活動を行うように心がけています。

 

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)