三重県全域、愛知県、岐阜県、対応しています

遠方の方からもご依頼をいただく理由

当事務所では、現在、交通事故の被害者救済に注力しています。

 

 

依頼者の方の多くは、四日市市、鈴鹿市、桑名市、菰野町、いなべ市などの三重県北部在住の方が多いですが、

津市、松阪市、伊勢市や、愛知県、岐阜県在住の方のご依頼者の方もいらっしゃいます。

 

近隣の方もいらっしゃいますが、遠方からも当事務所にご依頼を頂いているのには理由があります。

 

 

交通事故に関する裁判は決して簡単ではなく、交通事故対応の経験値と専門知識が必要とされているからです。

 

法律の問題だけでなく、医学的知識工学的知識が必要になることもあります。

裁判前の自賠責保険における後遺障害等級認定について精査・検討するためには、診断書や後遺障害診断書を読み解くための、整形外科領域の一定の知識を備えることも必要になります。

 

 

交通事故の被害者となった場合、適正な賠償額が初めから支払われるのでしょうか?

任意保険が普及していることから、加害者の加入する任意保険会社により、ある程度の対応が行われることが多いです。

しかし、一般的に裁判所で認められる金額の賠償を任意保険会社が最初から支払ってくることは現実にはまずないと考えて差支えないと当事務所は考えています。

 

 

 

 

損害額の算定、過失割合の認定という交通事故における2大論点は、突き詰めると、すべて法律問題であり、最終的には、裁判所で判断されるべき事柄です。

 

上記の説明図の様に、支払われる賠償額には、弁護士介入による差額があるのです。

 

 

さらに付け加えますと、人身事故の被害者の方をサポートする上で、最も重要な問題の一つである後遺障害の認定判断は、法律と医学が錯綜する分野であり、適正な後遺障害等級の認定には、主治医の協力に加え、交通事故の専門性を有した弁護士によるサポートが必須です。

後遺障害の認定判断により、裁判所の判断は大きく変わるからです。

 

 

 

一度、当事務所で、損害額や過失割合、後遺障害等級などについて、弁護士による相談を受けてみませんか。

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~17:30