後遺障害併合12級で、示談交渉により約400万円の増額を獲得した事例

【相談者】男性(40代) / 四日市市在住 / 職業:会社員
【傷病名】顔面部・頚部の瘢痕、頸椎捻挫
【後遺障害等級】併合12級
【活動のポイント】慰謝料、逸失利益の算定
【サポート結果】示談交渉により約440万円増額

 

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
入通院慰謝料 39万円 約75万円 約346万円
入院雑費 6500円 約1万3500円 約67万円
後遺障害慰謝料 125万円 約450万円 約690万円
逸失利益 55万円 約120万円 約87万円
既払金控除後最終支払額 200万円 約640万円 約440万円

 

1.相談・依頼のきっかけ

四日市市在住の40代の会社員Yさんは、交通事故により、顔面に瘢痕が残る障害などの後遺障害が残存し併合12級が認定されていました。
被害者の方は、保険会社から提案のあった示談金額の適正さを判断してほしいということで、当事務所に来所されました。

2.当事務所の活動

保険会社からの提案額は、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益の3項目において、弁護士が適正と考える金額よりかなり低い水準での示談金額の提案でした。また、大勢に影響はないですが、入院雑費も低額でした。
保険会社は、「顔面に瘢痕が残ってしまった場合の補償は、就労に制限がないことから、慰謝料や逸失利益としては、この程度が限界である」という趣旨の説明を被害者の方にしていたようです。

 

確かに、手足が動かなくなった、しびれが残ったという障害と比べて、顔面に瘢痕が残ったとしても、就労自体に制限がないというのは、一理ある考え方ですが、必ずしもそうではない場合も多くあります。

例えば、顔に瘢痕が残った場合、接客業などでは仕事にも制限が出る可能性は十分にあります。

 

また慰謝料についても、「顔」に瘢痕が残ったことを理由に、高額な慰謝料を認めている裁判例もあります。
当事務所では、裁判例などを根拠に、慰謝料、逸失利益などの増額交渉を行いました。

 

3.当事務所が関与した結果

すべての事案で通用するわけではありませんが、当事務所が交渉を開始し、最終的には、慰謝料450万円、逸失利益120万円まで増額でき、示談解決をすることができました。

 

4.(所感)解決のポイント

本件では、交渉によって相当額の増額が実現でき、結果的に裁判をする必要がなくなり、早期の示談解決に至りました。
増額幅は400万円超であり、もし当事務所に依頼してもらわなければ、400万円以上の金額を失ったことになります。
しかも、今回は、裁判などは行わずに、話し合いで解決できた点も良かったです。
当事務所では裁判にかかる時間、裁判をすることによるメリットなどを考慮して、依頼者の方に最適な方法をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

 

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)