頸椎捻挫で14級認定、賠償金が約260万円、増額した事例

 

【相談者】男性(50代) / 鈴鹿市在住 / 職業:会社員
【傷病名】頚椎捻挫
【後遺障害等級】14級9号
【活動のポイント】慰謝料(通院慰謝料,後遺障害慰謝料)、逸失利益
【サポート結果】損害額の適正判断、示談交渉、受任後1.5カ月で大幅増額解決

 

主な損害項目

サポート前 サポート後

増加額

通院慰謝料 48万円 100万円 52万円
後遺障害慰謝料 32万円 110万円 78万円
逸失利益 43万円 170万円 127万円
文書料 0円 1万800円 1万800円
最終支払額 約136万円 約395万円 約259万円

 

1.相談・依頼のきっかけ

鈴鹿市在住の50代の会社員Yさんは、信号待ちで停止中に前方不注意で後方車両から追突される事故に遭いました。
数カ月間の通院加療の下、頸椎捻挫により、後遺障害等級14級9号の認定を受けました。

知人の紹介で、当事務所に相談に見え、適正な補償額での示談をゴールに依頼を受けました。

 

2.当事務所の活動

保険会社の提示額を見せていただくと、後遺障害等級14級9号が認定されているにかかわらず、驚くほど低額な賠償提案でした。これでは到底、適正な補償とは言い難く、紹介者の方も、同じ意見を持っていた案件でした。

損害賠償金額を適正な水準に上げる以外には特に争点もないことから、早期の示談解決を目指すことにしました。

 

3.当事務所が関与した結果

基本的に、ほぼすべての費目で、裁判所で認められる金額に近い形での支払を保険会社が認めるということになったので、示談が成立しました。

 

4.(所感)解決のポイント

保険会社によっては、被害者の方に知識と経験がないことを知ってか、知らずしてか、結果的にかなり低い金額の示談提案をする会社があります。
そのような保険会社は、弁護士を入れると、かなりの金額アップが早期に認められるケースも多いです。

 

本件では、受任後1.5カ月程度で、およそ259万円の金額アップができた事例ですが、その背景には、もともと保険会社の提案額が低すぎたというところに大きな問題があるように感じます。

 

いずれにせよ、被害者の方、とりわけ後遺障害が残ってしまった被害者の方は、今後も治療やリハビリを継続する必要があり、その費用を捻出するためにも、適正な賠償を求めることは、何の問題もないことだと当事務所では考えています。

 

保険会社の提案額に疑問がある場合には、一度当事務所へご相談ください。

059-328-5183 受付(来所)時間:平日9:00~18:00(夜間・土日応相談)